認めた証

私たちが日々生活をし、何気ない日常生活の中で、何の違和感も持たずに使用している物の中に印鑑があります。
この印鑑は日本人では当たり前のように所有し、当たり前のように使用します。


最近では宅配業界の著しい発展と同時に、受け渡しの際には印鑑かサインを求められるために、若い世代にも印鑑の必要性がわかるようになりました。
また今も昔も変わらない契約や書類の捺印には、その書面に載っている事柄について理解し、その内容について了承したという認め印や実印の印鑑を使用します。


この印鑑を使用するということはとても重要なことです。
例えばこの印鑑が実印であれば一瞬のうちに自分の家財や財産、所有物などを失うこともあるのです。
そして最悪な場合は、実印を押したがために家族や知人、友人、知り合いまでもに迷惑をかけることもあります。


また自分の意思に関わらず実印が悪用されても、この実印は非常に効力のある印鑑であるため状況を覆すことは難しいです。
このようなことは特別なことと思われがちですが、意外と社会ではよくあり得ることです。


そこで印鑑の管理は日頃からきちっとしておく必要性があります。
そして印鑑は押すだけの行為で自分の意思や意見を認めたことを表す印ですから、印鑑を捺印するときには記載された書面をしっかりと読み理解した上で、実印などを押すことを心掛けないといけません。
たかが小さな印とあなどれないのが印鑑であることを認識しておきましょう。


<特選サイト>
実印にするような本格的な印鑑から三文判まで販売している印鑑専門店のサイトです・・・印鑑専門店

Copyright © 2014 印鑑の必要性 All Rights Reserved.